スポンサードリンク

2009年07月12日

触手療法とは?

触手療法とは?

「触手療法」とは、どのような治療法だと思いますか?
文字でだいたい大体想像がつくと思いますが、要するに人の手で患部の治療を行う療法です。

中国医学の筋経路法に基づいたものだそうです。
病院での治療方法は主に薬、機械を使用した治療方法がほとんどですので、
人の手で回復させるという治療方法はあまりないと思います。

触手療法では、ほとんどお薬を使用せず、人の手で力加減や手の動きなどを利用し、
回復させるものですので、副作用がないので安心な方法と言えるでしょう。

もちろん、内臓疾患など病院での治療が一番望ましいものについては
触手療法では改善されないことがありますし、症状によって治療を受ける場所を
きちんと使い分けることが大切なポイントになります。

人の手で行うことによって、血行が良くなることもありますし、
固まった筋肉がほぐれて体が軽くなるということもあります。

マッサージに行った経験のある方はわかると思いますが、凝り固まった肩を
人の手によってほぐされるのはすごく気持ちがいいことですよね。
そしてマッサージ後には体がすごく軽くなるのでやみつきになりそうですしね。

人の手というのは人によって厚みや力加減が違いますので
触手療法に向いている手と向いていない手があるかもしれませんが、

ともかく、触手療法のメリットは薬を使わずに回復できると
いうところではないでしょうか。

posted by 触手療法 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 触手療法とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。