スポンサードリンク

2009年10月05日

触手療法を自分の手で

触手療法を自分の手で

健康で元気な人は毎日身体を動かしています。
力仕事で体力を使う仕事をしている人は、いつの間にか身体を酷使しているかもしれません。

例えば、一日中立ち仕事をしている人は、夕方には足腰が疲れ、ふくらはぎがパンパンに
はることがありますね。

同じように一日中座り仕事をしている人も、足腰や背中、肩などに疲労がたまるにしたがって
筋肉が固くなり、凝りやむくみになってきます。

一日中身体を使えば当然疲れが出てきますので、いつまでも朝起きた状態を保つことはできません。
ですから、一日中頑張った身体の疲れを取り癒すためにお風呂に入って凝りをほぐしてあがる
ことが大切です。

触手療法を自分ですることで一日中頑張った足腰をほぐしてあげましょう。
そうすると、次の日もまた、元気な身体で出発できるでしょう。

簡単に自分でできる触手療法として、疲労がたまり硬くなっている部分みほぐし、リンパに
沿って滞っている水分の流れをよくしてあげることで随分楽になりますよ。

特に女性に多いむくみは「水毒」と言って、身体の汚れが毒素といなってたまっている状態です。

リンパのマッサージをして毒素を排出する触手療法を自分でやると次の日の疲れが違ってきますし、
しばらくすると体のラインも変化してくるようです。

このように自分で触手療法をすることで日頃の疲れをとりながら綺麗な体になりましょう。


posted by 触手療法 at 21:27| 触手療法を自分の手で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。